熨斗について

「熨斗について」

 image004

祝儀袋の右上に、ひし形状の折り紙が貼られているのをよく見かけると思いますが、それが「のし」と呼ばれるものです。

のしアワビを、贈り物として添えていたことから始まります。

昔は祝い事には海産物が添えられており、特にあわびは貴重品として重宝されていました。

当時貴重な保存食であり、長寿をもたらす食べ物とされてきました。

現在では簡略化され、アワビのかわりに黄色い紙が用いられるようになっています。

現金を送る際の封筒にこの熨斗がつけられるようになりました。

のしは「あわびを伸ばす」という意味から「縁を伸ばす」とされ慶事では使いますが、弔事では使いません。

「のし(熨斗)」とは四角い色紙を細長く六角形になるようにひだをつけて折り畳み、中に細く切った熨斗鮑(のしあわび)を包んだものをさします.

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状