水引について

「水引について」

丁重な贈り物やお供え物をする際、包み紙を結ぶ時に使われる紙紐のことです。

本来神様にお供え物をする際の「しめ縄」が変化し、今のような形になったようです。

水引は贈り物を結わく細い紙ひものことで、祝儀袋だけでなく不祝儀袋にも掛けられます。

結び方や本数、色、左右の配置などに細かい決まりごとがあり、贈り物の目的によって使い分ける必要があります。

結び方は大きく分けて、一度結ぶと引っ張ってもほどけない「結び切り」と、ほどけても何度でも結べる「ちょう結び」があります。

結婚式や弔事では「一度きり」という意味で「結び切り」を、出産や昇進などの慶事一般では「何度あってもよい」ので「ちょう結び」を使うのが一般的です。

水引の色は慶事では赤白や金銀、弔事では黒白や黄白などを使い、いずれの場合も濃い色(赤白なら赤)が右側にくるようにします。

普段はあまり意識することはないと思いますが、飾り紐の本数や色、結び方など用途に合わない水引を使用したものを渡すと大変失礼となる場合があります。

特に水引の結び方にはご注意ください。

キリスト教では水引は必要ありません。

神式の弔事では仏式と同様の水引を付けても構いません。

お見舞いで水引の付いた金封を渡す場合には、なるべく地味な水引が良いでしょう。

お見舞用として左側に赤い線が入った袋が市販されていますので、そちらを利用されても良いと思います。

災害に遭われた方へのお見舞いの際には水引の無い白封筒で渡すようにしてください。

紐の本数は5本が基本形ですが7本や9本のものもあります。

3本や赤線一本だけを印刷したものは粗品などに使用される事があります。

自分で用意した紐を結んでもかまいませんが、紐の数は奇数とし、右側が濃い色になるように結びます。

但し、婚礼に関わる場合は夫婦や両家を表す為に10本のものが使用されます。

金封などは「台付きふくさ」や「盆」などに乗せて渡すのが正式な作法です。

「ふくさ」をお持ちではない場合には、せめて渡す際には水引と表書きが相手から見て

正しい方向に向くように渡しましょう。

◆   結び切り

image002

簡単にほどけないことから、使えるのは一度きりなので、挙式など何度も繰り返すのが好ましくない場合に使います。

金銀、紅白の水引

本数は5本、7本、9本、最近では10本が多い 結婚式、快気祝い等に使用

◆    蝶結び

image003

引っ張るとほどけて何回も結び直せることから「何度繰り返してもよい」という意味で一般の婚礼以外の慶事に使います。 金銀、紅白の水引

本数は5本、7本、9本、最近では10本が多い 結婚記念日、出産祝い、初宮、七五三等に使用

紐の色 結び 主な用途

赤白 蝶結び 祝い事全般に使用します。

赤白 結び切り お見舞いなど一度きりにしたい場合に使用します。

赤白 結び切り 紐が10本のものは婚礼用とされています。

金銀 蝶結び 神事での祈祷やお祓い受ける際に使用されることがあります。

金銀 結び切り 婚礼に使用するほか、人生で一度だけの慶事(例:長寿祝い)でも使用されることがあります。

黒白 結び切り 弔事、仏事全般で使用されています。

黄白 結び切り 関西・北陸では弔事、仏事全般で広く使用されています。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状