祝儀袋の種類と選び方

「祝儀袋の種類と選び方」

結納・結婚関係:金銀の水引を飾り結びにした豪華な感じの祝儀袋が使われます。

水引の結び方は引っ張ってもほどけない結びきりです。

何度もあっては困るという考えからきています。

一般的な慶事:紅白か金銀の水引を使用します。

何度合っても良いという意味から蝶結びの水引を使用します。

病気見舞い:紅白の水引を結びきりにして左側に赤線の入ったものを使用するのが多いようです。

熨斗については病気を延ばすという意味からつけないところが多いようですが、

見舞うということは良くなることを祈ること、つまりめでたくなるようにといのることなので熨斗もつけるところもあります。

災害見舞い:白無地の袋を使用します。

結婚祝いを包むときは、右肩に「のし」が付いた祝儀袋で。これは「のしあわび」を簡略化したもので、昔から祝い事に縁起の良い海産物を贈ってきた名残です。

祝儀袋に掛ける「水引」は、一般の祝い事は5本ですが、結婚祝いは慶びが重なるように10本が正式。結び方は、一度結んだらほどけない「結び切り」がお約束です。

「のし」なしや、何度も結び直せる「蝶結び」の祝儀袋はNGなので注意して。 また、包む金額や相手に応じて、失礼にならない祝儀袋を選ぶことも大切なポイント。

デザインで選んで、あまり包まないのに、豪華な祝儀袋を使うのはNG!

一般的には、中に入れる金額が高くなるほど、祝儀袋も豪華なものを選びます。

目安として、贈る金額の100分の1程度のお値段の祝儀袋を選ぶとまちがいないでしょう。

逆に、多く包んでいるのに、安い祝儀袋を使うのもマナー違反。

今回は、ご祝儀の金額にあった祝儀袋の選び方をご紹介します。

ご祝儀金額が決まっていない方や、どのくらい贈るものかお悩みの方は、ご祝儀の相場を知ろう!結婚式での祝儀金額についてという記事を参考にしてください。

ご祝儀袋は中身で決まる!入れる金額とご祝儀袋の「格」を合わせよう。

水引(ご祝儀袋を結んでいる紅白、金銀のヒモみたいなもの)は、蝶結びではなく「結び切り」のものを使います。

これは、結んだら解けないって意味があるんです。

蝶結びは出産など何回あっても良いお祝いに使用するもの。

結婚式のご祝儀袋は結び切りのものを選びましょう

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状