表書きのマナー

「表書きのマナー」

押さえるポイントは毛筆、筆ペン、サインペンを使うこと。ボールペン、万年筆の使用は失礼にあたります。

濃い墨・楷書体で書いてください

正式には毛筆で楷書書きにします。祝い用は濃い墨で、弔い用には「悲しみの涙で墨も薄くなる」と、弔慰・哀悼を込めて薄墨を用いるのが正式な書き方ですが、現在は弔い用も濃い墨を用いることが多くなってきています。

  • のし紙・のし袋・金封ともに、名前書きはフルネームで献辞(上書き)よりやや小さめに書き入れます。
  • 金封の中袋は封入金額を表面に、住所及び名前を裏面に書き入れます。

※漢数字の書き方壱萬圓(1万円)、弐萬圓(2万円)、参萬圓(3万円)、伍萬圓(5万円)、壱拾萬圓(10万円)

中に入れるお金は「新札」が望ましいので、早めに銀行などで交換しておきましょう。

表書き例:「寿」・「御結婚御祝」・「御祝」

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状