祝儀袋書き方、病気見舞い

「祝儀袋書き方、病気見舞い」

水引:紅白の結びきり

熨斗:つけない」

表書き:お見舞、お伺、祈御全快

病気(入院)のときのお見舞いのマナーとお見舞いの手紙

  • 下記にお見舞いの常識マナーをご紹介します。

代表的なお見舞いの品物は「花」と「果物」ですが、鉢植えの花は「根付く(ねつく)」といって嫌われます。

果物も、病気や怪我の内容によっては食べられない場合もあるので注意しましょう。

病院によっては、お見舞いに生花を持ち込む事は感染症の原因になる可能性があるとして断られることがあるようです。

可能なら事前に病院に確認することをおすすめします。

病院の近くのお花屋さんに聞くのも良いでしょう。

お見舞いのマナーとお見舞いの手紙

  • 入院直後は避け、様子をきいてからお見舞いに行くようにします。

手術がある場合はその前後は避けるようにします。

  • 患者の家族や病院に、病気や怪我の様子や面会時間を
    尋ねてからお見舞いに行くようにしましょう。
  • 多人数で押しかけるのは病人にもご家族にもご迷惑となります。
    個室でない場合は同室の患者さんにも配慮をしましょう。

◎お見舞いに伺う場合の最も良いタイミングは、病状が落ち着き、回復に向かい始めた頃。

◎長期の療養の場合のお見舞は患者の家族と相談して決めるようにします。

お見舞いの品物アイディアと常識マナー

  • お見舞い品は「花」「果物」が一般的だが、鉢植えは根付く(寝付く)といって
    嫌われます(鉢植えの花は贈らないのが常識です)。

花束は花瓶がないと困るので花瓶も一緒に贈るようにするか、そのまま飾れるフラワーアレンジなどがおすすめです。置く場所にも配慮し、大きすぎないものを。

  • 病状によっては食事の制限もあるので、メロンなどの「果物」を贈る場合は
    家族などにあらかじめ様子を尋ねてからにします。
  • お見舞いに現金を持参する場合は市販の見舞用袋か白い封筒に入れます。
  • のしをつける場合は原則として祝用の白赤の「結び切り」

◎長期の療養の場合のお見舞いは患者の家族と相談して。

◎入院が長引く場合はテレフォンカードや小銭入りの小ビン(公衆電話用)、肩のこらない内容の文庫本(重い本は持って読むのに疲れるので避ける)や切手を添えたレターセットなどはいかが?

◎お見舞いのお金は市販の「お見舞い」という袋または白封筒に入れるのが無難です。

市販の袋がない場合には白封筒に「御見舞」と表書きしても良いでしょう。

もし熨斗袋を用いる場合には蝶結びの水引きはNGです。白赤の結び切りを用います。

◎お見舞いのお金を包む場合、新札でなくても構いませんが汚れたお札や破れたお札、あるいはシワシワのお札は避けるようにします。

また、ピンピンの新札も相手先によってはまるで用意していたようだと受け取られる事もありますので、一度折り目をつけてから包む方が無難でしょう。

  • お見舞いという大袈裟なものでなくても、差し入れという形もあります。
  • 入院が長引く場合、病気や怪我の状態が許せば、雑誌、漫画など
    肩のこらないものの他、病院や医師の許可が出れば音が漏れない
    音楽プレーヤーなどを差し入れることもあります。

お見舞いの手紙と封筒

  • お見舞いの手紙には、時候の挨拶(季節の挨拶語)などは不要です。
  • 良く使われるフレーズ「お身体の具合はいかがですか」
    「その後お加減はいかがでしょうか」「治療に専念なさってください」

◎長期の療養の場合や、病気の程度によっては、言葉の使い方が相手を傷つけてしまうこともあります。

患者のご家族に病状を確認した上でお見舞いの手紙を出すようにします。

無理に励ましたり、心理的にプレッシャーを与えてしまうような表現は避けるように心がけましょう。

◎封筒について…手紙を入れる封筒にも心配りをしたいものです。

例えばお悔やみの手紙では不幸が重なるとして二重封筒は使わないのがマナーです。

お見舞いの手紙を入れる封筒についても、(気にする方もいらっしゃるようですので)先方の反応が心配な場合には二重封筒は避けるようにしましょう。

お見舞いの言葉 (入院している相手にかける言葉。療養中の相手にかける言葉)

  • 相手を励ます言葉を述べます。ただし、重い病状の相手や長期入院の相手に
    かける言葉には注意が必要です。
  • 一般的なお見舞いの言葉

「思ったより元気そうで安心しました。」「顔色が良いので安心しました」「お大事になさってください」

「あまり無理をなさらないように」「お大事に」「あまり無理をしないでね」

  • 親しい相手に

「そろそろ退屈している頃かなと思って顔を見に来たよ」「遅くなってごめんね。

落ち着いてからの方が良いかと思って」

◎入院が長引く場合や、回復が難しい相手には、その病気や怪我に直接関係する言葉を

述べるのを避ける方が良い場合もあります。

また、相手が落ち込むような話題や極度に健康な生活を羨ましがらせるような話題もできれば避けるようにしましょう。

相手の病状や怪我の程度に配慮し、かける言葉には注意しましょう。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状