祝儀袋、年賀・お年玉

「祝儀袋の書き方、年賀・お年玉」

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:御年賀、御年始、お年玉、御慶

お年玉の由来と意味、起源

お正月にもらうおこづかいは、どうして「お年玉、おとしだま」と呼ばれるのでしょう。

現在は誕生日が来ると歳を1つ加えます(満年齢と言います)が、昔はお正月が来るたびに

歳を1つ加える「数え年」という数え方が使われていました。

こうして新しい年を迎えると、歳をひとつ重ねるわけですが、昔は年齢を重ねることの象徴として

歳神様(としがみさま)にお供えものをして、新しい一年の無病息災を祈りました。

このときお供物として備えられたお餅を、御歳神様の賜わりもの(おとしがみさまのたまわりもの)

として分け合って食べるようになったことがお年玉の始まりとされています。

現代ではお年玉が、お餅からお金へと変化してきたわけですが、現在のようにお年玉として

現金を渡すようになったのは商家でお正月に使用人におこづかいを渡したことが始まりという説が一般的です。

お年玉の金額の目安と相場

  • 金額は多ければ良いというものではありません。年齢相応の額をあげましょう。
  • 小学生になれば、もらったお年玉の使い道を子供自身が考えられるようになります。
    おじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんにあげるときも、できれば沢山あげたいという
    気持ちをぐっとこらえて、子供の年齢にふさわしい金額をあげたいものです。
  • 平均額でも、小学生は3,000円を中心に5,000円まで。中学生は平均額で
    5,000円。高校生になると5,000円〜10,000円(相手との間柄による)大学生になると
    10,000円台になってくるようです。

お年玉袋の表書き

基本的には、お年玉をあげるのは、親戚や親しい間柄の子供だけです。

お年始のご挨拶に伺った上司のお宅にお子さんがいたとしても「目上の人の子供」にあげるのは失礼とされます。

  • お年玉袋の書き方

目上の人の子供に 「お年賀」として図書券などの品物を渡す 「お年玉」は本来は上の人が

下の人にあげるものなので、たとえ子供でも上司の子供にあげるのは失礼に当たります。

お年賀として品物をあげるのは良い。

小さな子供に ひらがなで「おめでとう」「おとしだま」等 左上に「◯◯ちゃんへ」等、

子供の名を書くと良い。また、お菓子や絵本,おもちゃなどを、お年玉代わりにあげてもよい。

お年寄りやご両親に のし袋の表書きは「お年賀」 現金収入の少ないお年寄りに感謝の気持ちを込めて

お年玉のポチ袋について

ぽちとは、関西地方で雇い人や芸者・芸妓、茶屋女に渡す心付け、祝儀、チップのことをさします。これを入れる袋が「ぽち袋」と呼ばれていたのが、お年玉の袋にいつしか使われるようになりました。

お年玉のポチ袋解説

  • お年玉や御祝儀を入れる小さな紙製の袋のことをポチ袋と言います。
    ポチ袋はお年玉だけでなく心づけを包む際などにも用いられます。
  • 左上に「あいちゃんへ」「りょうくんへ」など、子供の名前を書いても良いでしょう。

お正月に、急な来客が子供連れで来たという際に、やむをえず普通の御祝儀袋を用いて

お年玉を渡す場合には、蝶結びのお祝い用の熨斗袋います。

赤ちゃんに渡すお年玉について

  • 赤ちゃんにお年玉をあげる場合には、おもちゃやお菓子のようなモノでも良いでしょう。
  • 現金をあげる場合、金額は1,000円くらいが相場です。

生後間もない赤ちゃんだけでなく、1歳、2歳、3歳くらいまでは1,000円程度で良いでしょう。

ふだんなかなか会えないお孫さんへのお年玉は奮発したくなるものですが、幼稚園、小学校、中学校と年齢が上がるに従って金額も増えていくものです。

あまり多額を渡す必要はありません。

  • もう一つの考え方として(少なくともお金の価値がわからない年齢の子供にお年玉を
    あげる場合には子供に渡したとしても両親の手に渡る形になってしまいますので子供ではなく両親の手に渡ることを見越して少し多めに渡すという考え方もあります。
  • その場合には、赤ちゃん(たとえば孫)の両親に手渡しましょう。

金額に応じて 「花子ちゃんの好きなものでも買ってあげてね」「太郎ちゃんにおもちゃでも買ってあげて」など一言添えると良いでしょう。

お年玉に関するQ&A

喪中の場合のお年玉は?

  • 服喪期間を過ぎていればお年玉を渡しても良いと考えられています。
    ただし新年を祝う言葉は使えませんので「おめでとう」という表現を使うことはNGです。

「お小遣い」としてお渡しするのが一般的ですが、シンプルに「○○ちゃんへ」とだけ書くという方もいらっしゃるようです。

  • 子どもたちも年に一度のことなのでお年玉を楽しみにしているでしょう。
    何もあげないのも気の毒なものです。服喪期間中の場合には特にお年玉としては渡さないようにし、「今は○○さん(故人)の喪中だから…(後略)」と一言添えて、無地の封筒や白い袋に入れて渡したり、元旦を避けて渡したりと配慮をします。

地域によっては厳格に考える方もいらっしゃいますので、心配でしたら年配の方に相談されることをおすすめします。

お年玉をあげるのは何歳から何歳まで?

甥、姪、孫、兄弟、友人の子、知人の子などにあげるお年玉、いったい何歳くらいから、何歳まであげれば良いのでしょう?

  • お年玉をあげる年齢に正式な決まりはありません。以下を基準にして決めます。
    地域によっても異なりますが家族内、あるいは親族で相談して決めると良いでしょう。

1. 祖父母から孫には0歳からあげるのが一般的

2. 甥姪、あるいは友人知人の子には3歳くらいからあげるのが一般的です。

小さい子の場合には現金にこだわらず、お菓子やおもちゃなどをあげる家庭もあるようです。

3. 現金でのお年玉は幼稚園に入園してからあげるという家庭もあります。

4. 家族や親族と相談して「◯歳からあげる」と決めている家庭もあります。

1.学生のうちはあげる(社会人になるまではあげる)のが一般的

2.親族の場合には、自分の子供がもらった年齢まで、お年玉をあげる。

3.自分がもらっていた年齢まではあげる。

4.家庭によっては大学生になったらあげないという家庭もあります。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状