祝儀袋の書き方、長寿祝い

「祝儀袋の書き方、長寿祝い」

水引:紅白か金銀の蝶結び

熨斗:つける

表書き:賀華甲、祝古希、喜寿御祝、寿米寿

長寿お祝いの名称とその由来

長寿のお祝いは、昔から数え年の誕生日に祝うものでしたが、最近では満年齢で祝う人も

増えているようです。

ただし、還暦だけは必ず満60歳、数え年61歳でお祝いします。

長寿祝いには、それぞれ名前がついています。下記に一覧早見表をご紹介します。

61歳 還暦 生まれた年の干支にもどることから。(数え61歳。満60歳で祝う)

70歳 古稀(古希) 唐の詩人・杜甫の「人生七十古来稀なり」に由来。

77歳 喜寿 「喜」のくずし字の、七十七と読める形から。

80歳 傘寿 「傘」のくずし字の、八と十を重ねた形から。

88歳 米寿 「米」の字をくずすと、八、十、八に分かれるので。

90歳 卒寿 「卒」のくずし字「卆」が九十と読めることから。

99歳 白寿 「百」から横線の「一」を取ると「白」になるので。

100歳 紀寿 100年=一世紀を表わす「紀」から。

108歳 茶寿 「茶」の字をくずすと、二十と八、十、八に分かれるので。

111歳 皇寿

長寿お祝いの色

長寿祝いの際に、赤いちゃんちゃんこを贈ることで知られているのが還暦のお祝いですが、

その他の長寿祝いにも色があります。

61歳(満60歳) 還暦 赤、朱

70歳 古稀(古希) 紫、紺

77歳 喜寿 (一部に、紫、紺色という説があります)

80歳 傘寿 (一部に、黄色という説があります)

88歳 米寿 黄

99歳 白寿 白

長寿のお祝いをする

長寿のお祝いに何を贈るべきか、という決まりは特にありませんが、地味な物は避けましょう。

いつまでも若々しく、との願いを込めます。

  • 還暦だけは必ず数え年61歳、満60でお祝いをします。

他の長寿祝いについては本来は数え年で祝うものでしたが、現代では満年齢で祝う人も増えています。

  • 贈り物は、還暦では昔から赤のちゃんちゃんこ、あるいは、赤の入った衣類などが
    良く言われていますが、還暦に限らず本人の趣味に合った実用品が喜ばれます。

多少、実際の年齢よりも若々しい、派手めの物を選びましょう。

  • スケジュール…お祝いの日は誕生日の他、敬老の日などの祝日でもよいでしょう
    。贈り物は前日には届くようにします。
  • 長寿祝いの贈り物にはおいわいのしをかけましょう。

◎長寿お祝いをいただいた場合のお返しは、茶器などの記念品を配ることが多いようです。

のしの表書きは「内祝」「寿」などと書きます。

◎贈り物だけでなく、家族でのお食事会、家族旅行などのアイディアがあります。

◎長寿お祝いのなかでも、還暦は、まだまだ現役の年齢です。急に年寄り扱いをしたりせず、

誕生日に還暦のお祝いも兼ねて贈り物をする 位の方が喜ばれるかもしれません。

◎お祝いの品物には、白赤または 金銀の水引をかけ、のしをつけます。表書きは、「祝古稀」等。

長寿のお祝いののし、熨斗袋について

・子供一同、孫一同でお祝いの品物を贈る時ののしの表書きについて説明します。

長寿のお祝いは、何度でもお祝したい慶事なので、水引きは紅白の蝶結びを使います。

・上段には、「祝米寿」「祝還暦」などと書き、下段には、縦書きで連名にしたり、子供一同、孫一同などと書くと良いでしょう。

長寿のお祝いののしの書き方

  • お返しの表書きは「内祝」や「寿」など。

◎表書き

「祝還暦」「御還暦御祝」 「祝喜寿」「御喜寿御祝」 など(年令に応じた名称に「祝」をつける)

または単に「御祝」など。

◎のしつける

◎水引 白赤・金銀の蝶結びを 祝還暦 蝶結び

長寿のお祝いのヒント

長寿祝いのお食事会、長寿祝いの旅行

  • 子供一同、孫一同など、全員揃ってお食事会や旅行などを企画されてみてはいかがでしょうか。

職場での長寿祝い

  • 職場では、還暦を祝う会や、還暦祝の宴を催すこともあります。

●長年勤めた60歳を記念する同期会などは大変楽しいものでしょう。
60歳はまだまだ現役。入社当時の思い出を聞いたり、これからの抱負を語ってもらったり、
趣味をお披露目する機会や時間を設けたりなど、肩のこらない楽しい会にしたいものです。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状