祝儀袋、初誕生日の祝

「祝儀袋の書き方、初誕生日の祝」

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝初誕生日、初誕生日御祝

いまでも、地域によっては、初誕生日に餅を赤ちゃんに背負わせ、健やかに育つこと

を願うならわしが見られます。

赤ちゃんの満1才の誕生日をお祝いする行事。

昔の日本では、新しい年と共に年齢を重ねる「数え年」の考え方でしたので、毎年誕生日を祝う習慣はありませんでしたが、赤ちゃんの満1才だけは特別。親戚などを家に招いて盛大にお祝いをしました。

医学が発達し食糧事情のいい現在と違って、昔は赤ちゃんが1才の誕生日を無事に迎えることは、とても難しいことでした。

そのため、赤ちゃんの初めての誕生日は、初誕生として、赤飯を炊いたり餅をついたりて、その後の成長を祈る大切なお祝いとされてきました。

お祝いの仕方

地域によって様々ですが、誕生餅を子どもに背負わせたりします。

現在ではごく内輪でお祝いすることが多いようです。

特別に用意しなければならない献立や食材はありませんので、バースデーケーキにろうそくを1本立ててあげて、子どもの大好きな料理でお祝いしてあげればいいと思います。

父方・母方の祖父母はお招きしましょう。

遠方などの理由で出席いただけない場合は、記念写真などを添えて報告の手紙を出すようにしましょう。

特別な決まりごとはありません。内輪の会ですので堅苦しく考えず、希望を聞いたりして贈ればいいと思います。

お金を贈る場合は1~2万円程度。のし付き紅白の蝶結びのお祝い袋に入れます。

品物を贈る場合ののし紙も紅白の蝶結び。

表書きはどちらも、上の段に「初誕生祝」「祝初誕生」、下の段に贈り主の苗字を書きます。

会に出席する場合は持参し、出席しない場合は当日までに届くように送りましょう。

お返しの仕方

原則として、お返しは必要ありません。記念写真などを添えてお礼状を出しましょう。

御出席いただけなかった方からお祝いをいただいた場合は、いただいた金額の半額程度のお品をお贈りします。

のし紙は紅白の蝶結び。上の段に「内祝」、下の段に子どもの名前を書きます。

地方によっては、御近所の方に紅白の餅や赤飯を配る風習が残っているところもあります。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状