祝儀袋、お七夜・命名

「祝儀袋の書き方、お七夜・命名」

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝御七夜

 赤ちゃんが生まれた日から7日めの夜をお七夜といいます。

あわせてこの日に命名するしきたりがあります。

赤ちゃんの生後7日目が「お七夜」です。

昔は生後すぐの死亡率が高かったため、1週間たてば一安心と、盛大にお祝いを行ったようです。

法律上は、生後14日間のうちに赤ちゃんの名前を届け出ればOKです。

赤ちゃんが生まれた家の当主は、親戚などを招き、一族の長老に「名付け親」をお願いして

「命名式」を行ったあとに祝宴を開きます。

祝い膳は、赤飯と尾頭付きの魚、刺身などで、魚はおめでたい鯛が使われることが多いのですが、大きくなるにつれて名前が変わる、ブリやボラなどの「出世魚」も好んで用いられました。

現代では、母子の「退院祝い」として、両家の両親を呼んで、または夫婦だけで祝うケースが多いようです。

命名書の書き方は、奉書紙または半紙を横二つ折りにし、さらに縦3等分で左右から折りたためるよう折り目をつけて開きます。

三つ折にした真ん中右側に小さく「父親の氏名・続き柄(長男など)」・真ん中中央に

「命名した名前」・真ん中左側に小さく「生年月日」を、左側の右側に「命名式の日付」と「親の名前」(名付け親がいる場合はその左側に「命名者 ○○○○」)、右側に「命名」と記入し、神棚か仏壇に供えます。役所に出生届を出したら下げて、奉書紙で包んだへその緒と一緒に箱に収め、水引をかけて保存しておきます。

略式では、市販の命名書や半紙を使用し、中央に「命名 ○○」と書き、左側(命名書は右側もあり)に生年月日を記入します。神棚などがなければ鴨居や壁ベビーベッドや赤ちゃんの枕もとの壁ど、目立つ場所にはればよいでしょう。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状