祝儀袋、結婚祝のお返し

「祝儀袋の書き方、結婚祝のお返し」

水引:紅白や金銀の結びきり

熨斗:つける

表書き:寿、壽、内祝、御礼

結婚式の当日に、主賓や司会者、受付や余興にいたるまで、お世話になる人は大勢いるはずです。

ふたりのためにささいなことでも協力をしてくれたゲストには、“お礼”や“お返し”をするのが常識です。

受付や司会などの役割を請ってくれた人へ お礼

ゲストの中でも受付や司会といった特別なことをしてくれた人へ感謝の気持ちとして。当日お礼のお金を包んで渡す、後日改めて場をもうける、など

式以外の場面で結婚祝いをくれた人へのお祝い返し

結婚式に招待しなかったのにお祝いをくれた人などへ、お返しに贈るのが内祝い (お祝い返し)。

いただいた額の半額~少し多めを目安に相手が喜びそうな品物を選ぼう。

式後1カ月以内に送るのがめやすです。

交通費として主賓ゲストや遠方ゲストへ お車代

主賓、乾杯の発声をしてもらうゲストには交通費の代わりにお車代を用意。

家から会場まで往復のハイヤーを手配するか、相当する金額を当日にそっと渡そう。

遠方ゲストには交通費や宿泊費分を包んでください。

結婚式の当日に渡す場合は、忙しいふたりに代わって親から渡すのがスマート。

相手が戸惑わないよう、該当ゲストを目立たないように呼び止め、そっと渡すのが理想的。

主賓以外へのお車代は、受付渡しでもOK。後日お礼をするなら、ふたりから。

時間が経つとそれだけ感謝の気持ちが伝わりにくくなるので、式終了後できるだけ早くが鉄則です。

気をつけておきたいポイント

いつ誰が渡すのか決めておく、式の当日に渡すお礼は、両家のどちらから渡すのか、どのタイミングで渡すのか、などを前もってふたりの間で打合せておくこと。

そのことをふまえたうえで親や兄弟に頼んでおくといい。本人かどうか必ず確認、親に頼む場合は、渡し間違いのないよう相手の顔写真などを添えたわかりやすいリストを渡しておきたい。

当日は「○○○のご友人の△△さんですよね」と確認したうえで渡してもらうようにすれば完璧。表書きも慎重にチェック祝儀袋の表書きで特に気をつけたいポイントは、ふたりの名前。

当日渡すものには両家の名字を併記、別々に依頼したことなら片方の名字だけでも。後日、渡す場合は新姓を書いておくのがマナー。

「御礼」「御車代」と書いた祝儀袋に入れてご祝儀袋は「二度と繰り返すことのないように」

という意味をもつ、“結び切り”系水引のものを用意しよう。表書きには『御礼』

『御車代』と書いてください。ゲストの名前は書く必要ありません。

結婚内祝いは、いただいた結婚祝いに対するお返し。

お祝いをもらった親戚や友人、職場の上司や同僚などへ、現金、商品券、カタログ、お菓子などをお返しとして贈ることが多いようです。

そこで今回は、内祝いの相場、おすすめの品物、贈る時期・のしなどのマナー、一緒に添えるお礼状のメッセージ文例をご紹介します。

◍親戚へのお返し

身内の結婚式のたびに、引き出物や内祝いをもらうものです。

数が重なっても差し支えないような「日用消耗品」や日持ちする「食品類」を中心に考えましょう。

◍職場の上司や同僚へのお返し

職場の複数名からのお祝いに対しては、「お菓子詰め合わせ」がオススメ。

連名で結婚祝いをいただいた場合でも、詰め合わせであれば安心ですよね。

◍友人や知人への内祝いお返し

年齢も比較的近いこともあり、日用品や食品以外にも、食器やペアグラス、

調理器具など幅広くお返しできるのも特徴です。相手の欲しいものを直接聞くことも方法です。

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状