祝儀袋。

祝儀袋の書き方

syugibukuro

祝儀袋の書き方

image001

 line

「祝儀袋とは」

祝いや心付けとして金銭などを入れるための紙袋
日本では古来より、人はいろいろな意味において汚れているとされています。
神社にお参りする前に、口と手を清めるのもそのため。このことからも、贈りものを直接手で持つことが、その人の汚れをそれに移してしまうことになると考えられていました。
御祝の品はできるだけ清らかなものを選び、それを真っ白の紙で包み水引を結ぶことによって、中の品は清浄なものであるという意味を込めているのです。
また、「ご祝儀」は、お祝い事をお互いに支えあい、喜びあうという意味を持っています。

 line

「表書きの歴史」

最初は品物を奉書と水引と熨斗でととのえ、奉書には何も書かずに、目録を添えて贈っていました。やがて、その目録に書いていた内容を直接品物の包みに書き込むようになったのが表書きです。

 line

「表書きのマナー」

押さえるポイントは毛筆、筆ペン、サインペンを使うこと。ボールペン、万年筆の使用は失礼にあたります。
濃い墨・楷書体で書いてください

line

「祝儀袋の種類と選び方」

結納・結婚関係 : 金銀の水引を飾り結びにした豪華な感じの祝儀袋が使われます。

水引の結び方は引っ張ってもほどけない結びきりです。

何度もあっては困るという考えからきています。

一般的な慶事 : 紅白か金銀の水引を使用します。

何度合っても良いという意味から蝶結びの水引を使用します。

病気見舞い : 紅白の水引を結びきりにして左側に赤線の入ったものを

使用するのが多いようです。

熨斗については病気を延ばすという意味からつけないところが多いようですが、見舞うということは良くなることを祈ること、つまりめでたくなるようにといのることなので熨斗もつけるところもあります。

災害見舞い : 白無地の袋を使用します。

 line

「水引について」

丁重な贈り物やお供え物をする際、包み紙を結ぶ時に使われる紙紐のことです。本来神様にお供え物をする際の「しめ縄」が変化し、今のような形になったようです。

 

     結び切り

image002

簡単にほどけないことから、使えるのは一度きりなので、挙式など何度も繰り返すのが好ましくない場合に使います。

金銀、紅白の水引

本数は5本、7本、9本、最近では10本が多い
結婚式、快気祝い等に使用

 

    蝶結び

image003

引っ張るとほどけて何回も結び直せることから「何度繰り返してもよい」という意味で一般の婚礼以外の慶事に使います。
金銀、紅白の水引

本数は5本、7本、9本、最近では10本が多い
結婚記念日、出産祝い、初宮、七五三等に使用

line

「熨斗について」

 image004


祝儀袋の右上に、ひし形状の折り紙が貼られているのをよく見かけると思いますが、それが「のし」と呼ばれるものです。
のしアワビを、贈り物として添えていたことから始まります。
昔は祝い事には海産物が添えられており、特にあわびは貴重品として重宝されていました。
当時貴重な保存食であり、長寿をもたらす食べ物とされてきました。
現在では図のように簡略化され、アワビのかわりに黄色い紙が用いられるようになっています。
現金を送る際の封筒にこの熨斗がつけられるようになりました。
のしは「あわびを伸ばす」という意味から「縁を伸ばす」とされ慶事では使いますが、 弔事では使いません。

line

「祝儀袋、表書きの書き方」

個人名の場合
水引きの結び目中央上段に「寿」と書きます。名前は中央下にフルネーム(姓と名)で、上段よりやや小さめに書きます。
2名連名の場合
地位・年齢が上の人は右側。下位の人は左側の順で書きます。
3名連名の場合
地位・年齢が上の人を右側に。左側にむけて下位の人の順で書きます。地位・年齢の関係がない場合は五十音順に。3名くらいが限度。
グループの場合
人数が多くて連名では書けない場合は、代表者の氏名を書いた左側に「外一同」と書き添えます。4名以上で贈る場合となります。
全員の氏名は、半紙や奉書紙など別紙に書いて中包みに入れます。その際、地位・年齢が上の人を右側にし、左側に向けて下位の人の順で書きます。
地位・年齢の関係がない場合は五十音順に。
会社名記入の場合
会社名を記入する場合は名前の右に少し小さめの字で。

line 

「祝儀袋の書き方、結婚祝の表書き」

水引:金銀の結びきり 結びきりを土台にした華やかな飾り結び

熨斗:つける

表書き:寿、壽、御結婚御祝、壽福、御祝、

       お祝い金は新札で挙式の1週間前までに贈るのが原則です。

金額は中包みの表側に漢数字でかきます。

住所は新郎新婦とは親しいはずですから不用です。

お祝い金の目安

披露宴に出席したとき

 20歳代 30歳代 40歳代 50歳以上

一般 2万円 3万円 3万円 3万円

勤務先同僚 2万円 2万円 2万円 3万円

友人・知人 2万円 2万円 3万円 3万円

兄弟・甥・姪 10万円 10万円 10万円 10万円 

披露宴に出席しなかったとき

 20歳代 30歳代 40歳代 50歳以上

一般 5千円 1万円 1万円 万円

勤務先同僚 5千円 5千円 5千円 1万円

友人・知人 5千円 5千円 1万円 1万円

line 

祝儀袋の書き方、結婚祝のお返し」

水引:紅白や金銀の結びきり

熨斗:つける

表書き:寿、壽、内祝、御礼

line 

祝儀袋の書き方、帯祝い」

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝い帯、岩田帯

★ 妊娠5ヶ月めの戌の日に妊婦がおなかに腹帯を巻き無事な出産を願うならわし

 戌の日にするのは、犬が多産で軽いとされることから

line 

祝儀袋の書き方、出産祝い」 

水引:紅白の蝶結び、花結び

熨斗:つける

表書き:御出産祝、肌着料、祝ご出産、祝御安産

       一般的にお祝いを贈る時期は出産後7日ぐらいから1ヶ月の間

出産祝いの金額の目安

勤務先関係 5千円

兄弟姉妹 1万円

親戚 1万円

友人・知人 5千円

出産祝いのお返し

水引:紅白の蝶結び、花結び

熨斗:つける

表書き:内祝、出産内祝い

line 

祝儀袋の書き方、お七夜・命名」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝御七夜

       赤ちゃんが生まれた日から7日めの夜をお七夜といいます。

あわせてこの日に命名するしきたりがあります。

line 

祝儀袋の書き方、お宮参り」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝御宮参、初穂料

       氏神様に赤ちゃんが初めて詣でる行事です。

参排日は生後30日前後です。

しきたりでは、赤ちゃんを抱くのは父方の祖母、赤ちゃんの祝い着は母方の実家から

神社への謝礼は赤ちゃんの名前で初穂料とします。

謝礼の目安は3千円~5千円が一般的ですが2万円程度まであります。

line 

祝儀袋の書き方、初誕生日の祝」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝初誕生日、初誕生日御祝

★ いまでも、地域によっては、初誕生日に餅を赤ちゃんに背負わせ、健やかに育つこと を願うならわしが見られます。

line

祝儀袋の書き方、七五三」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝七五三、初誕生日御祝

       子供の成長の節目とされる、3歳、5歳、7歳の11月15日に参拝し、無事な成長を感謝し、今後の健康を祈ります。

男の子は3歳、5歳 女の子は3歳、7歳に祝います。

line 

祝儀袋の書き方、入学祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝御入学、合格御祝

★ 入学祝の目安は1万円程度

line 

祝儀袋の書き方、卒業・就職祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:卒業御祝、祝御卒業、祝ご就職、賀社会人

       親戚からのお祝いは、1万~3万円程度

line

祝儀袋の書き方、成人祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝御成人、御成人御祝

       成人祝の目安は1万円程度

line 

祝儀袋の書き方、結婚記念日の祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:祝結婚記念日、金婚式御祝、祝銀婚式、金婚式記念

★(結婚後の年数で名称を変える)

1年め……紙婚式

5年め……木婚式

7年め……銅婚式

10年め…錫婚式

15年め…水晶婚式

20年め…磁器婚式

25年め…銀婚式

30年め…真珠婚式

35年め…さんご式

40年め…ルビー婚式

45年め…サファイア式

50年め…金婚式

55年め…エメラルド婚式

60年め…ダイヤモンド婚式

75年め…プラチナ婚式

line

祝儀袋の書き方、長寿祝い」 

水引:紅白か金銀の蝶結び

熨斗:つける

表書き:賀華甲、祝古希、喜寿御祝、寿米寿

       賀寿の名称

 61歳:還暦 70歳:古希 77歳:喜寿 80歳:傘寿 88歳:米寿

 90歳:卒寿 99歳:白寿 100歳:上寿

表書きは70歳なら、祝古希とか古希御祝と書く

 line

祝儀袋の書き方、新築祝い」 

水引:紅白か金銀の蝶結び

熨斗:つける

表書き:御新築御祝・祝御新築・御祝・祝御落成

       新築祝のタブーは卓上ライターや灰皿など火に関わる品物は、火災を連想させるため

禁物とされています。

line 

祝儀袋の書き方、受賞祝い」 

水引:紅白か金銀の蝶結び

熨斗:つける

表書き:御受賞御祝、祝御受賞、祝芥川賞、等

★ 受賞直後なら、酒、鯛、伊勢えび、花の鉢植えなど、その場の雰囲気を盛り上げるもの、日をおいてなら、花のギフト券、置物、絵画など記念になるもの

line 

祝儀袋の書き方、年賀・お年玉」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:御年賀、御年始、お年玉、御慶

       御慶は両親やお年寄りなど目上の人に差し上げるお年玉代わりの表書き

お年玉の目安

小学校入学前 1千円~3千円

小学校低学年 2千円~5千円

小学校高学年 3千円~5千円

中学生 3千円~1万円

高校生 5千円~2万円

大学生 5千円~2万円

line 

祝儀袋の書き方、お中元」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:御中元、暑中御伺、暑中御見舞、残暑御見舞

       中元とは、古代中国の「三元」といわれる風習のひとつで、三元とは上元(115日)

中元(715日)下元(1015日)をいい、1年の節目節目に神に供え物をする日とされていました。

その中元が日本に伝わったものです。

line 

祝儀袋の書き方、お歳暮」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:御歳暮、

       主に親戚、夫の会社の上司などひごろお世話になっている人に贈るのでn品物選びや

金額は家族で相談して

line 

祝儀袋の書き方、敬老の日」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:寿福、祝健勝、敬寿、祝敬老の日

★ 915日は敬老の日で全国的に長寿を祝う行事がもようされます

line 

祝儀袋の書き方、昇進祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:昇進祝、祝御昇進

line 

祝儀袋の書き方、栄転祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:転勤祝、御餞別・祝御栄転

line 

祝儀袋の書き方、定年退職祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:御礼・御祝、御餞別

line 

祝儀袋の書き方、開店・開業祝い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:開業祝、祝御開店・祝御開業・祈御発展

line 

祝儀袋の書き方、病気見舞い」 

水引:紅白の結びきり

熨斗:つけない」

表書き:お見舞、お伺、祈御全快

       病気見舞いのタブー

鉢植え : 根つくとされ、いやがられます。

椿・シクラメン : 花ごと、落ちるのでタブー

熨斗つき : 病気を延ばす。

病気見舞いの目安

勤務先関係 : 5千円

両親 : 1万円~2万円

親戚 : 1万円

友人・知人 : 5千円

病気見舞いのお返し

表書きは快気内祝・本復内祝など

金額の目安は、いただいた金品の半分から3分の1

line 

祝儀袋の書き方、災害見舞い」 

水引:かけない

熨斗:つけない

表書き:災害御見舞・水害御見舞・震災御見舞・火災御見舞

line 

祝儀袋の書き方、楽屋見舞い」 

水引:紅白の蝶結び

熨斗:つける

表書き:楽屋見舞い、楽屋御見舞

 

漢数字の参考例
壱・一/弐・二/参・三/四/五/六/七/八/九/拾・十/百/阡・千/萬・万/圓・円/

syugibukuro

新着情報

会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状